以下に当てはまる方は、是非、ご相談ください、手遅れになる前に。
 
  • 周囲から、お金持ちだと思われているが、事実はいろいろな意味で複雑である。
  • 有識者として、上っ面では扱われているが、そうでもないのは自分がよく知っている。
  • できるだけ安く優秀な人材を使いたい。
  • でも本音は自分よりも優秀な人材を認めたくはない。
  • 自分で決断できずに、占いや宗教や配偶者に頼ってしまう。
 
  • 自分は上司や部下に恵まれていないと感じる。
  • 営業を知らないケチ上司が、足を引っ張っていると思うが、でも営業活動を科学的に説明できない。
  • 自分で扱っている商材の技術的な説明ができない。
  • 女性から機械や電気などの科学の質問をされるのが嫌い。
  • 自分の手柄は自分の手柄と言いたいが、そんなのは実はない。しかし対外的には「実はあの仕事は・・・」と、上司の手柄を自分のものとして説明する。そして社内では、部下の手柄は自動的に自分のものとしている。
  • はっきり言えば、何も管理していない。私生活も管理できていない。
 
  • 働かないで給料だけもらいたいと思っている。
  • 言われたこともやりたくない。当然、自発的に何かしたいわけがない。
  • 休みが多い方が良い。
  • 馬鹿な上司に辟易している。
  • 良い会社があればとっとと転職したい。
  • 自分の能力が無いことをよく知っている。
  • 勉強やトレーニングする時間が無いのは忙しいから、との言い訳はよく用いる。
  • 努力する気はさらさら無い。
 
  • アルバイトなので仕事の質とかどうでも良い。
  • シフトに入っていても、急に休むのは平気。
  • 任されれば好き放題。
  • アルバイトの知識はその時だけの使い捨て。
  • 上司(社員や先輩)は友達(以下かな)。
 
  • ハイブリッドカーの方が地球環境に優しいと思っている。
  • ソーラーパネルは発電していると思っている。
  • STAP細胞はあると思っていた。
  • コラーゲンを食べるとお肌が良くなると感じる。
  • スマホがあればコンピューターは要らない。
  • 煙草よりも酒の方が害が少ない。
  • 犬や猫と暮らすのは平気。
  • 血液型と性格が関係があると思う。
 
  • 政治家の仕事が何なのか知らない。
  • 実際に法律を作っているのが誰か知らない。
  • 憲法9条があるから日本が平和だと思っている。
  • 憲法89条とか私学助成金とか全く知らない。
  • 弁護士は立派な存在だと思っている。
  • 裁判官も人の子だとは思ってもみなかった。
 
  • 信仰があればビジネスもうまくいくと思っている。
  • ユダヤ教とキリスト教とイスラム教の神の違いがわからない。
  • 進化説は間違っていると思う。
  • 日蓮宗系は特別だと思う。
  • 信徒数が少なくてもカルトでは無い。
  • 隠れて信仰しているのは周囲からの誤解を避けるため。
 
コンサルティングなんて何のことやら、ってのが普通の人の感覚でしょう。しかし上記の通り、人間とは間違う存在です。事実、大抵の人は相当間違っているのです。コンサルの使命はその間違いの修正ですから、「言いづらいことを述べること」が職務の核心となります。コンサルを導入する経営者は非常に立派で「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」の域にまで達しています。そのような経営者は多く居ませんが、確実に存在します。またそのような立派な経営者よりも、俗に「ブラック企業」と言われている企業経営者の方が「何かを犠牲にしながら」儲けている可能性があります。

コンサル導入において、教育対象を経営者自身にするのか、従業員教育を中心に行うのか、二種ありますが、多くは企業力を総体的に高めるための、コンサル導入が多いと言えます。ですからコンサル側は、経営者と行う戦略的方向性の策定と、従業員に指導する戦術的な実務手法が、要求されています。

「今の儲け」を追求するのではなく、「事業の継続性」を重視する従来の日本型の経営を志す、心のある経営者の下には、心ある優秀な人材が徐々に集まります。そのような企業は確実に成長できます。景気動向に左右されない状況を作るのが経営努力であり、不景気なので「人員整理をする」「賃下げをする」のは経営が無いことを示しています。逆な言い方をすれば、業績が好調なときに、従業員に大盤振る舞いするのも経営が無いことを示しています。業績が好調なときに、次を考えるのが経営であり、科学的な思考が重要です。「経営とは科学的なもの」であり、宗教に頼る経営者は最悪です。

科学的なアプローチを重視し、奇妙な根拠を排除し、お客様に代わり言いづらいことを関係者にうまく伝える、これがアルピナ株式会社のコンサルティングです。
 
 
Copyright(C) 2017 Alpena Corporation All Rights Reserved.